記事のページ

M型とファインダー

M2-1.jpg
 ライカといえばやはり M 型であろう。ドイツ語で計測ファインダーカメラを意味する Messucher-Kamera の頭文字から M 型と命名されたものである。1954年に満を持して発売された M3 は、好き嫌いは別にして孤高の存在であることに間違いはない。一眼レフは別にして、M3 のマネはできても、M3 以上を思いつくことはできずに現在に至っている。
 数ある M 型ライカのなかで、やはり M3 が破格、別格、孤高である理由は、やはりそのファインダーにある。ただし自分と同じように 50ミリのブライトフレームが太く、角が丸いのがあまり好きではないという人もいるだろう。ブライトフレームの枠が太いのは、そのフレームの倍率にきちんと合わせたためで、90ミリ、135ミリとその倍率に合わせて細く見えるようになっている。なぜ 50ミリのフレームだけ角が丸いのかは、諸説あるようだがよくわからない。
 ところで、M3 のファインダーの白眉は、真ん中にある距離計像とその周りのファインダー像が同じ位置に見えるように視度が調整されていることにある。M2以下のモデルはその構造上そのようには調整できないらしい。もし M3 が、現代の硝材と加工技術およびコーティングを使って新品で発売されたとしたら、そのファインダーに匹敵するものが現代の製品のなかにあるのかどうか疑わしい。
 M3 だけでなく M型の M型たる核心部分がファインダーにあることは疑いがない。広くて明るいファインダーに明るいフレームが浮かび、撮影距離による視野の誤差すなわちパララックスが距離に応じて補正され、写る範囲が正確に表示される。一眼レフの場合、そのカメラの視野率が 100% かどうかということがよく話題になるが、M型の視野率は120% 以上はある。
 ところで、デジタルカメラが出現した現在、銀塩写真の持つ意味が大きく変わるだろうという確信がある。デジタルカメラで得られる画像はただのデータであるから、いわば素材であり画像にする際に必ず手を加えるのが前提となっている。生を意味するRAWデータで保存できるようになっているではないかという意見はあまりにも無知である。今後、銀塩フィルムのネガなりスライドなりの価値、すなわち本来の意味での生データの持つ価値は、かなり重大なものになるにちがいない。銀塩フィルムを使う我々愛好家は、狭いフィルム原板のなかで写真を完成させることに心を砕かなければならない。とすれば構図をつくれるファインダーがやはりどうしても必要なはずである。
 ファインダーだけにとどまらず、M型はユーザーからの要求に応えてバルナックが持っていた欠点をほぼ解消したかたちで開発された。バルナックを使っていた我々の先達からの要求に応え、というところが大事である。フィルムは裏蓋が開けられるようになって格段に入れやすくなり、シャッターダイアルは一軸式不回転のものになり、シャッタースピードはいつでも好きな時にセットすることができ、シャッターを切った際に回転しないようになった。また、フィルムはレバーで巻き上げられるようになり、現在の写真機に必要とされる条件をほぼ完全に持った形で開発されたのである。我々愛好家の道具としては、やはりM型の方がバルナックよりずっと優れていると言わざるを得ないであろう。

この記事について

この記事は著者が2007年2月10日に書いたものです。

コメントおよびツッコミ大歓迎です。
すべてのコメントに目をとおさせていただいておりますが、そのうちのいくつかを選んで公開しておりますので、ご了承いただけたら幸いです。

この記事は "乱調ライカ節" カテゴリ内の記事です。

カテゴリ内の前の記事は
バルナック」です。

カテゴリ内の次の記事は
ライカボディを選ぶ」です。

最近の記事はメインページで見られます。過去に書かれた記事はアーカイブで見られます。著者自身の撮影した写真は、写真集でご覧になれます。

Made on a Mac