記事のページ

Mac で Web 開発(中)

PHP_CMS.jpg
 Mac で Web開発をはじめるにあたっては、
・GUI で操作ができないからといって、放り投げない
・標準仕様(Web標準(XHTML+CSS)、UTF-8)を使う
・志高く、格好の良い"Mac の UNIX 使い"をめざす
 以上の3項目をゆめゆめ忘れることのないようにしたいと思う。
 2番目の項目について補足しておこう。ご存知の方は読み飛ばしていただいて構わない。3年ほど前より Web 標準ということがさかんに議論されるようになり、 XHTML+CSS で W3C の仕様にしたがった Web ページを作成するのが最良であるということになっている。実際 Web 標準の仕様に基づいて作成されたサイトは、検索ロボットとの親和性も高く検索順位も上位になる。新たにサイトを作る場合には、いまや Web 標準の仕様に基づいて作成できなければお話しにならない。CSS ではなくテーブル組みでサイトの見えをコントロールしているようでは、もはや論外、ということである。
このあたりの事情は
 "毎日コミュニケーションズ DESIGNING WITH WEB STANDARDS"
を一読されるのがよい。世界で最も有名な Web デザイナー Jeffrey Zeldman が書いたものを和訳したもので、いわばWeb 標準の本家本元の書籍である。ただし、和訳の方は絶版になってしまったかも。
 ところで、標準仕様でwebページを作成するのはいいとして、ブラウザの方も"標準仕様"で表示できなければお話にならないのは自明である。ところが、実はここにかなりの問題がある。以前から、W3C という団体が Web の標準仕様を定めてはいたのだが、それぞれのメーカーの思惑でその仕様への対応には違いがあったため、同じサイトを表示してもブラウザによって見え方が異なる、という結果を生じることになっている。 Windows も IE も使わなかった自分にとっては、IE 対策用の CSS を別に用意しなければならない手間は本当に涙が出る。坊主憎けりゃなんとやら、ますます Microsoft が嫌いになってしまった。こういっためんどうを嫌うからこそ、いまだにテーブル組みのサイトがたくさんあるというわけで、IE の占有率がもっと少なかったなら、Web の標準化はもっと早くに達成されたのではなかろうかとさえ思われる。実は、Microsoft は JAVA についても似たような愚を犯している。
 また、テキストエンコーディングについても、インターネットサーバの主流が UNIX ベースであったために EUC-JP が使用されることが多かったのだが、Windows では Shift-JIS を使用していたこともあって"文字化け"という新しい日本語が生まれる背景にもなった。もっとも、"Mac使い"は Shift-JIS に固執する傾向はまったくない。現在では、国際的な視点から UTF-8 が標準になりつつある流れにあるから、今後はすべて UTF-8 で開発したほうがいい。
 Webページのソースコードを一瞥して、テーブルタグと Shift-JIS、古臭い匂いを感じるのは筆者だけではないはずだ。

 現在、いろいろなところからオープンソース(要するに、タダ!)で、誰もが手軽に利用できる Webアプリケーションが出ている。魅力的なプログラムも多く、Mac で Webプログラムの開発を思い立った方の中にも、手始めにこれらを使ってみたいという希望をお持ちの方も多いことだろう。
 ブログをはじめてみたい方は、MovableTypeWordPress といったところか。コミュニティサイトなら、大御所 XOOPS および日本で開発された XOOPS CUBE が代表格。なんと、純国産のソーシャルネットワークシステム(SNS)OpenPNE もスゴい。ECサイトの構築なら、osCommerceZenCart 等がある。日本語にローカライズされているもので、有名どころを挙げるだけでもかなりの数があって、嬉しくなってしまう。ゆくゆくは自分で Webアプリケーションを開発できるように頑張りたいものだが、まずは上に挙げたもののなかから自分の目的に合わせて使ってみるのがいいと思う。
 Webアプリケーションを開発するためにはいろいろなプログラム言語があるのはご存知のとおりである。パールやらルビーやら宝石の数ほどの言語があるのだが、上に挙げた Webプログラムはすべて、PHP という言語で作られている。厳密には MovableType は CGI で作られているのだが、PHP で動かすこともできるようになっている。
 とすれば、まずは PHP、ということになるのは妥当なところである。
 実は、Webプログラミングに使われる Webスクリプティング言語の分野においては、JAVA も Ajax が脚光を浴びるようになって注目度も高いのだが、すでにいろいろな問題をかかえて限界も見えている。というより、トーシローの自分が見ても混乱の極みにあると思う。今回は詳しい説明は省略させていただくが、Webプログラミングをはじめるのに PHP を選択するのはまことに良いことなのである。このへんの事情は興味があればそれぞれでお調べあれ。ゆくゆくは Ruby もいじってみたいところだが、われわれとしては、なにはなくともまずは、PHP!ということだ。PHP といっても雑誌の"PHP"ではないことは、いうまでもない。。。

この記事について

この記事は著者が2007年3月 6日に書いたものです。

コメントおよびツッコミ大歓迎です。
すべてのコメントに目をとおさせていただいておりますが、そのうちのいくつかを選んで公開しておりますので、ご了承いただけたら幸いです。

この記事は "マックの道具箱" カテゴリ内の記事です。

カテゴリ内の前の記事は
Mac で Web 開発(上)」です。

カテゴリ内の次の記事は
Mac で Web 開発(下)」です。

最近の記事はメインページで見られます。過去に書かれた記事はアーカイブで見られます。著者自身の撮影した写真は、写真集でご覧になれます。

Made on a Mac