記事のページ

Mac OS X 10.5 と PHP の GD

Apple-PHP.jpg
 さて、これで PHP で GD ライブラリを使っていく準備は整った。あとは、PHP をコンパイルからインストールしなおせばいいんだ!ということになるのだが、ちょっとお待ちを。実は Apple がそういった向きのために、ちゃんと準備をしてくれているのである。Apple-Darwin-Releases を見ていただきたい。
Apple-PHP-GD.jpg
 現時点での最新バージョンは 10.5.5 であるが、上の図のように、そのなかの apache_mod_php-44.1 が、Mac OS X server 10.5.5 Leopard および、Mac OS X 10.5.5 Leopard で使われている Apple 仕様の、いわば純正の PHP である。現時点では、php-5.2.6 が使われていることがおわかりになるだろう。
 まず、このページから、php-5.2.6.tar.bz2 をダウンロードしていこう。これをもとにして、インストールしていくわけだが、全部をコンパイルしなおしてインストールするのではなく、GD の部分だけをインストールするだけでよい。さすが純正、うれしい。Mac OS X server 10.5 をお使いの方は本当に助かるはずだ。もともとの本体をいじくる必要がないのだから。
 さて、やってみよう。例によってデスクトップに解凍したものとして、まず、ターミナルから
cd Desktop/php-5.2.6/ext/gd
としてから、
phpize
と、入力してみると、
Configuring for:
PHP Api Version: 20041225
Zend Module Api No: 20060613
Zend Extension Api No: 220060519
と、表示されるはずである。
次は、32bit ( PowerPC G4 および intel core solo ) の場合には、
./configure --with-zlib-dir=/usr --with-jpeg-dir=/usr/local/lib --with-png-dir=/usr/X11R6 --with-freetype-dir=/usr/X11R6 --with-xpm-dir=/usr/X11R6
と、一行で入力、64bit ( PowerPC G5 および その他 intel Mac ) の場合には、長いけれど、これまた一行に続けて、
MACOSX_DEPLOYMENT_TARGET=10.5 CFLAGS="-arch ppc -arch ppc64 -arch i386 -arch x86_64 -g -Os -pipe -no-cpp-precomp" CCFLAGS="-arch ppc -arch ppc64 -arch i386 -arch x86_64 -g -Os -pipe" CXXFLAGS="-arch ppc -arch ppc64 -arch i386 -arch x86_64 -g -Os -pipe" LDFLAGS="-arch ppc -arch ppc64 -arch i386 -arch x86_64 -bind_at_load" ./configure --with-zlib-dir=/usr --with-jpeg-dir=/usr/local/lib --with-png-dir=/usr/X11R6 --with-freetype-dir=/usr/X11R6 --with-xpm-dir=/usr/X11R6
と入力して、リターンを押すと、コンパイルがはじまる。(下の図参照、筆者のコンピュータ名は、STEALTH、ユーザー名は、FOXBAT である)
 ここでエラーになる場合は、100%、libjpeg のインストールが誤っている。なぜなら、他はすべてアップル純正環境だからである。 以前の記事の教訓、『エラーがでずに "configure"&"make"&"sudo make install" できたからといって、必ずしも正しくインストールされているとは限らない』。エラーが出たら、libjpeg のインストールをやり直す必要がある。
さて、エラーが出ずにコンパイルが完了したら、
make
すると、
Build complete. Don't forget to run 'make test'.
と表示されるはずである。'make test'を忘れんなよ、と書いてあるから、
make test
と入力、ダーッと画面が流れてエラーがなければ、
sudo make install
ということになる。
 これで、アップル純正の PHP に、GD ライブラリをくっつけることができた!

 ただし、ここで喜び勇んで phpinfo を表示させてみても、な〜んにも変わっていないのでがっかりすること、うけあいである。

この記事について

この記事は著者が2008年10月26日に書いたものです。

コメントおよびツッコミ大歓迎です。
すべてのコメントに目をとおさせていただいておりますが、そのうちのいくつかを選んで公開しておりますので、ご了承いただけたら幸いです。

この記事は "マックの道具箱" カテゴリ内の記事です。

カテゴリ内の前の記事は
Mac OS X 10.5 と libjpeg」です。

カテゴリ内の次の記事は
Mac OS X 10.5 と php.ini」です。

最近の記事はメインページで見られます。過去に書かれた記事はアーカイブで見られます。著者自身の撮影した写真は、写真集でご覧になれます。

Made on a Mac